• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

近代日本の伸銅業 ―水車から生まれた金属加工

近代日本の伸銅業 ―水車から生まれた金属加工「かんざし」から「戦艦」まで

水車の伝統技術と金属加工技術が
融合して生まれた伸銅業。
明治時代の産業革命の一翼を担い、
ものづくり産業の礎を築いたその歴史を、
多くの資料をもとに解き明かした初の書籍。

内容のご紹介

目次
第1章 伸銅技術の源流
 Ⅰ 幕政下の銅精錬と流通
 Ⅱ 真鍮吹のはじまり
 Ⅲ 近世の銅細工人
 Ⅳ 中国山地のダイス伸線
第2章 水車伸銅の創始
 Ⅰ 京都の水車伸銅 ―白川・鞍馬・高野・宇治田原―
 Ⅱ 大阪の水車伸銅 ―枚岡・北摂―
 Ⅲ 東京の水車伸銅 ―目黒・渋谷―
 Ⅳ 埼玉の水車伸銅 ―膝折―
 Ⅴ 初期伸銅工場の経営分析 ―津田針金工場を事例として―
第3章 明治前期の銅業界と博覧会
 Ⅰ 三都の銅物問屋と組合
 Ⅱ 京阪・東京間の流通事情
 Ⅲ 内国勧業博覧会と伸銅業
第4章 近代伸銅工場の誕生
 Ⅰ 初期の官公営工場 ―造幣局・伏見製作所―
 Ⅱ 国内初の伸銅会社 ―大阪製銅―
 Ⅲ 伸銅会社の群立 ―大阪・京都―
 Ⅳ 大阪の銅業者と諸事業 ―銀行・保険・取引所―
 Ⅴ 朝鮮貨幣と大阪製銅
 Ⅵ 大阪製銅の分裂と解散
第5章 伸銅業の成長期
 Ⅰ 明治後期の伸銅業 ―大阪・京都・埼玉・東京―
 Ⅱ 伸線工場の経営分析 ―枚岡村・向井工場を事例として―
 Ⅲ 電線工場の経営分析 ―京都・津田工場を事例として―
 Ⅳ 大正期の伸銅業

<内容>
08年12月発行
A5判 356貢
価格:本体4,000円+税(送料実費)
編集・発行 産業新聞社



出版物のご案内はこちら
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/02/21
H2新断プレス
25700円 (―)28300円 (―)
224.59ドル (-1.09)247.31ドル (-1.2)

 換算レート (TTS) 114.43円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/02/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200052000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H21700014500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 711 706 709 704
電気亜鉛 360 354 360 354
電気鉛 315 312 315 312
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ