• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年8月9日

韓国電炉、5月ぶりの国内スクラップ購入価格引き上げ

韓国鉄鋼、韓国特殊形鋼など韓国の電炉メーカーは8日から韓国内鉄スクラップ購入価格をトン当たり1万5000ウォン(1340円)引き上げた。世亜ベスチールなどは先行して7日から1万5000ウォン値上げしている。4月から値下げが続いていたが、5カ月ぶりの値上げとなる。現代製鉄、東国製鋼などの京仁地区メーカーも追随が避けられないようだ。

韓国電炉各社は、輸入先行で国内購入価格の値上がりを極力さけてきたが、6月以降月間の輸入量が70万トン台に低下するなかで、主要電炉の工場スクラップ在庫が低下。今週初めには115万トンと直近のピーク5月の145万トンから30万トン強減少するなど余裕がなくなっていた。

こうした中で最大の輸入先である日本市場のオファー価格がH2で3万1500円~3万3000円強の水準に上昇するなどの影響があり、韓国内で下げ止まりの動きがあった。一部電炉では、韓国内の購入ではリスト価格を据え置き、特別枠購入制度の導入で実質値上げを探る動きがあつた。しかし工場在庫減もあり、いきなりリスト価格ベースでの値上げとなった。ただ韓国では、8月の電力危機を強制削減(電炉は15%カット)で乗り切ることになっており、減産幅が大きくなる見通し。このためスクラップ購入価格の引き上げは限定的になると見られている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ