• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2013年10月24日

韓国電炉、25日から韓国内鉄スクラツプを1万ウォン下げ

韓国の電炉メーカーは、収益改善を目的に25日から韓国内鉄スクラップ購入価格をトン当たり1万ウォン(45円)値下げする。北部地区では東部製鉄、東国製鋼などの大手電炉が先行している。南部地区でも韓国特殊形鋼が週明けの28日から1万ウォンの下げを発表している。工場のスクラップ在庫が5週連続低下している中での値下げとなる。入荷減が懸念されており、対策としてロシアからの輸入契約の拡大などが進められている。

韓国電炉は、厳しい鉄源対策を取っており、日本、アメリカ市場が上伸傾向を強めている中で、国内スクラップの継続的な値下げを進めている。韓国内では一部自動車メーカーのストなどの影響もあり、発生が減少している。需給はタイト感があり、主要電炉のスクラップ工場在庫は、9月中旬に比べ16万トン前後減少している。一方主力製品の異形棒価格は7ー9月積みのゼネコン向けで1万ウォン値下げになるなど収益悪化が進んでいる。これをカバーするため国内スクラップの買い入れ価格を継続的に下げている。10月入り後、韓国鉄鋼などの南部地区メーカーは7日前後から1万ウォン値下げ。京仁地区(北部)は、10日から平均1万ウォンの値下げとなっている。

これに続き後半の25日から北部の東部製鉄、東国製鋼、現代製鉄(仁川工場)などが1万ウォンの値下げを打ち出している。南部地区では、韓国特殊形鋼が28日からの値下げで、来週には他メーカーも追随の見通し。

スクラップ在庫減の中での国内買い付け価格の下げで鉄源対策が厳しく、カバーするため輸入スクラップの拡大が計画されている。日本市場から短納期の輸入契約を強化したい意向。ただ日本市場は東京製鉄を中心に値上げ傾向を強めており、成約はあまり進んでいない。直近では、H2で3万4000円(FOB)での成約があるが、量的には少ない。日本市場は、さらに1000円程度の高値でのオファーになっているようで、韓国サイドの3万3500ー3万4000円(FOB)のビッドでは、反応がにぶいようだ。

このため急遽ロシア材へのアプローチを進めており、A3でトン当たり370ドル前後(CFR)のビッドで早い段階での成約をめざしている。ロシアサイドも、国際市況の上伸の中で強気の見方も台頭しており、370ドル台半ばでないと成約が進まない可能性もある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ