• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年7月25日

現代製鉄、東国製鋼など  鉄スクラップ購入価格、5000ウォン値下げ

韓国の現代製鉄、東国製鋼などの大手電炉は25日から韓国内鉄スクラップ購入価格をトン当たり5000ウォン値下げする。南部地区の中小電炉は追随していない。「特別枠購入」で事実上の入庫促進を図っているメーカーも多い。異形棒などの主要製品価格が7月以降値下がり。一方で夏季電力料金でコストアップが進んでいる。このためコスト対策からのスクラップ値下げであるが、市場は強気気配が残っており、月内はヤード業との綱引きとなっている。

韓国の鉄スクラップ市場は、7月入り後実質的な底入れとなっている。この中で現代製鉄などの大手電炉は、リスト価格での値下げを7月上旬に実施。中小電炉は購入補助で事実上値上げしている。こうした中で主要電炉の工場在庫は、130万トン前後と水準が低く、大半のメーカーが在庫拡大対策を進めている。

最大手の現代製鉄は、当面夏季減産強化のスタイルでスクラップ需要は多くないが、減りすぎた在庫対策で輸入契約の強化を進めている。8月入荷を前提にアメリカ産を6カーゴ・24万トン、ロシア産11万トンなど全体で40万トン近く契約したとしており、当面の在庫対策は一段落。こうした状況から7月25日からの韓国内スクラップの値下げで先行している。東国製鋼もロシア材などの契約を進めており、値下げ対応が進めやすくなっている。

これに対し、南部地区電炉は在庫水準が低いまま。減産で8月は乗り切れるが、秋口に向けての在庫に不安感がある。このため7月後半での値下げには追随していない。ただ異形棒価格が7―9月でゼネコン向け2万5000ウォン値下げとなっており、収益悪化が進んでいる。8月になってスクラップの工場在庫が回復すれば、改善のため国内スクラップの値下げに再度向かうとみられている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ