• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月16日

非鉄金属企業、インフラ復旧 再開へ動き

 東日本大震災に遭ったものの、工場建屋や生産設備が一部損傷程度にとどまった非鉄金属企業は、ここ一両日、計画停電といった不安要因を抱えながらも、工業用水やガスなどインフラの復旧を確認しつつ、生産再開へ動きだした。ただ、余震の頻発など、緊急対応策を継続している製錬企業などは、被害状況の把握が優先されているようだ。

 14日夕刻以降に明らかになった非鉄金属関連企業の中で、半導体用シリコンウエハーの世界市場で半分を占める信越金属工業の信越半導体白河工場は、電力の供給は再開されたが、安全点検中の段階。計画停電による影響も懸念され、今後、断続的に送電が途絶えれば、数日程度のワンクール生産体制から長期に及ぶ操業停止が予想される。

 関東地区一円にグループ企業の製造拠点を擁する住友電気工業は、横浜製作所をはじめグループ4社が工場の建屋および生産設備の一部に損傷を確認している段階。住生活グループは傘下のトステム6工場、INAX1工場で操業が停止された状態が続いている。

 一方、アーレスティ栃木は13日午後以降、順次生産を再開し、大紀アルミニウム工業所結城工場は15日午後にも操業が開始される見込み。フルヤ金属のつくばと土浦の2工場は、復旧に向け準備中。

 なお、復旧に向け準備中の企業では、物流がネックとなって原料・資材の搬入、製品の出荷状況が重要な課題となっている。

東日本大震災による非鉄金属企業の被害状況第2弾 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ