• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月16日

日立電線、2工場めど立たず 直轄6工場復旧見通し

 日立電線は15日、茨城県内の直轄6工場の復旧見通しを明らかにし、海底光ケーブルなどを生産するみなと工場(日立市)、伸銅品を生産する土浦工場(土浦市)は、14日時点で生産再開のめどが立っていないとした。他の4工場(すべて日立市)は段階的な生産再開を想定しつつ、輸送用燃料の不足、在庫品倉庫内の安全未確保により、出荷の見通しが立たない。

 6工場とも設備・機械の点検調査を継続。みなと工場は地盤の亀裂を含めて建物の安全が未確保のため、14日時点で立ち入り禁止の状態が続いた。土浦工場は電気・水道の復旧見込みが立っているものの、計画停電の実施時期が判明しないこともあり、生産再開時期を未定としている。

 電線工場、日高工場、高砂工場、豊浦工場は、受電可能になり安全上の確認が取れ次第、建物・設備ごとに通電を始める予定。設備・機械の点検調査を踏まえて段階的に生産を再開する見込みだが、ガソリン・軽油など輸送用燃料の確保がほぼ不可能で、在庫品倉庫からの出庫も現状難しいため、製品出荷の見通しは立っていない。

 直轄6工場にはグループ会社の製造部門も多く入っており、電線・ケーブル、伸銅品、情報ネットワーク機器、自動車用部品、化合物半導体など、多岐の製品群を抱える。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ