• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月17日

建設用電線が供給難 被覆材入荷停止

 建設用電線(建築物の屋内配線に使う電線)の供給難が深刻だ。複数の主力製造拠点が被災で操業停止した影響に加えて、被覆に使う樹脂コンパウンドや可塑剤の入荷がストップ。西日本などの稼働可能な工場でも、手持ち資材の範囲内でしか生産対応できない。製品の出荷についても、燃料やトラックの確保が困難で、モノはあっても配送できない状況が拍車をかける。電線メーカー各社は、石化製品の代替ソースを模索し始めた。

 需要面では、工場などの配線に使う6キロボルトの高圧CVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)、住宅などの配線に使うVVFケーブル(ビニル絶縁ビニルシース平形ケーブル)の引き合いが、足元目立って増えている。高圧CVは被災工場の復旧向け需要が増え、福島第1原発向けの緊急出荷もあった。VVFは仮需の側面が強いようだ。

 日立電線、住友電気工業、タツタ電線が共同出資する建設用電線販売会社、住電日立ケーブル(HS&T)は、製造委託先の一つ、日立電線・日高工場(茨城県日立市)の操業停止により、高圧CVの供給能力が通常時の2―3割にダウン。タツタ電線・大阪工場(東大阪市)に増産を要請した。タツタ電線は「最大限協力していく」とコメントしている。

 高圧CVでは、ビスキャス・市原工場(千葉県市原市)も操業停止中。フジクラと三菱電線工業が共同出資する建設用電線販売会社、フジクラ・ダイヤケーブル(FDC)と、古河電気工業グループの建設用電線販売会社、古河エレコムに製品供給している。

 FDCは、製造委託先の一つ、米沢電線・郡山事業所(福島県郡山市)の操業停止で、IV電線(ビニル絶縁電線)の供給難にも直面する。「外注先に頼んでも米沢電線ほどのキャパシティはない」と説明する。

 一方、樹脂コンパウンドや可塑剤の主要サプライヤーが、被災で工場の操業を停止し、電線メーカーへの新規入荷がほぼストップ。電線各社は現状、手持ちの在庫で生産対応しているが、次回入荷の時期が全く見えず、手探りの操業となっている。「特にビニル系のものが入ってこない」(大手電線メーカー筋)との声がある。

 電線各社は週明け早々に、海外材を含めた代替ソースの検討を始めた。しかし、新規材料を使う場合、押出特性の評価などが必要なため、量産ベースでの実用には1カ月など時間を要するもよう。

 物流面では、販売各社の在庫・切り分け・配送センターが、東日本エリアで広く被災しており、操業再開可能な首都圏の拠点を中心に、数日―週内をめどとする復旧作業が続く。ただ、物流センターが復旧しても、トラックと燃料の確保が難しく、配送難の問題がある。「ユーザーが引き取りに来てくれれば出す」(別の大手電線メーカー筋)との対応も一部聞かれる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ