• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月18日

三井住友伸銅、きょうにも稼働再開

 大手伸銅品メーカーの三井住友金属鉱山伸銅(本社=埼玉県上尾市、原川誠一社長)は、本社工場の稼働を早ければきょう18日にも再開する予定だ。計画停電の影響でフル生産はできないが、他社からの素条提供や発電機の増設により順次稼働。当面は生産量が6―7割になる見通しだが、ユーザーへの安定供給維持に注力する。

 同工場は銅および黄銅の板条を主に生産。地震後にずれが生じた保管設備の補修や計画停電の影響で、稼働を停止していたが、下工程の圧延設備から稼働を再開した。今週末19日までには上工程の鋳造設備も再開する。

 鋳造工程は、いったん原料を溶解すると炉内の溶湯が固まらないように保温し続けなければならず、停電の影響が最も大きい。社内外から発電機を手当てすることで、鋳造炉の保温にめどが立った。

 ただ、発電機の電力供給には限界があるため、停電中は溶湯の量を通常の半分程度に抑える必要があり、上工程の生産量は大幅に制限される。

 圧延工程は、電力が復旧すれば通常に近い操業ができるため、生産能力が上工程を上回る。このほど、同業他社から中間製品の素条の供給を受けることで合意。工場内の仕掛品在庫もあるため、圧延工程の稼働率を上げることで、6―7割の製品生産量を確保できるとみている。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ