• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月22日

建設用電線販売大手2社、東日本の物流 順次復旧

 建設用電線の国内メーカー販社大手2社、住電日立ケーブル(本社=東京都台東区、HS&T)とフジクラ・ダイヤケーブル(本社=東京都中央区、FDC)が、東日本地区の物流機能を順次復旧させている。先週中に主力拠点で、受注システムや自動倉庫の動作回復、散在した在庫品の良否判定などが進んだ。しかし、両社とも配送難に頭を抱え、資材不足に伴う電線仕入れの先行き不安も浮上している。

 HS&Tは、東日本の被災拠点でダウンしていた在庫管理・受注手配の全国ネットワークシステムが、先週、茨城県日立市を除く全拠点で復旧した。しかし、18日時点で実質的に稼働する在庫・切り分け・配送拠点は、神奈川県座間市、千葉県習志野市の2カ所にとどまった。

 茨城県石岡市の拠点では、在庫品の良否判定を続けており、今週中の再開を目指す。仙台市では被害自体は軽微だったものの、配送用、および従業員の通勤用の燃料確保が非常に難しく、稼働率は低い。従業員の通勤問題は他拠点も同様で、座間では計画停電対応の操業率低下もある。

 在庫面では、東日本地区で福島第1原子力発電所向けの緊急大口出荷も出ているため、西日本地区からの大規模移送による補充を準備中。この措置により、在庫レベルは東西ともに通常時の6割前後となる見込み。

 FDCは、東京都江東区と埼玉県白岡市の在庫・切り分け・配送拠点で、先週中に自動倉庫からの製品取り出しが可能になった。しかし、トラック、燃料の手配難がやはりネック。仙台市の拠点は18日時点でまだ再開していない。

 電線の仕入れについては、国内電線メーカーが東西、大手中小を問わず、震災の影響による銅・被覆材の調達不安に直面しており、HS&T、FDCのグループ会社も同様。4月以降の電線生産動向は18日時点でまったく見えない。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ