• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年2月14日

軽圧4社、下期回復3社営業増益

 国内大手軽圧メーカー4社の2013年4ー12月期決算が13日出そろい、営業利益を発表している3社すべてで前年同期の実績を上回った。在庫評価益や為替差益が利益を押し上げた。販売面は前年実績に届いていないものの、下期に入り自動車や半導体製造装置などを中心に回復傾向が強まりつつある。14年3月期は今回初めて発表したUACJを含め、3社が増益となる見通し。

 UACJの営業利益は112億8200万円で前年の同じ時期に比べ約3・2倍となった。主な増益要因は棚卸評価益と、日光工場の上工程休止などに伴うコストダウン効果。一方、主力のアルミ板の販売量はパソコン筐体などIT向けの不振が響き、1万6000トン減の71万9000トンにとどまった。ただ自動車向けは5万5000トン。エコカー補助金の追い風を受けて好調だった前年同期の5万7000トンに近い水準となった。10月以降、消費税増税前の駆け込み需要などの影響で需要が回復傾向にあるとみられる。

 日本軽金属ホールディングス(HD)は営業利益が黒字転換した。主力のアルミナや水酸化アルミニウムは円安による原材料高で不振が続いたが、自動車各社の生産増を背景にアルミ二次合金の販売が伸びた。半導体・液晶製造装置向け厚板の販売も回復が続いたほか、鉄道車両向け押出製品も好調で、アルミナ・水酸化アルミの落ち込みを補った。

 神戸製鋼所(アルミ・銅事業部門)の経常利益も約3・6倍の増益。4ー6月期を中心に発生した在庫評価益が最大のプラス要因だが、自動車向け需要を受けて圧延品の販売数量が前年同期並となったことも利益を押し上げた。

 昭和電工(アルミニウムセグメント)の4ー12月の営業利益は48億4100万円で、前年の同じ時期の約2・7倍となった。アルミ電解コンデンサー用箔の需要回復や、旺盛な海外の自動車生産を受けショウティックの販売が増加したことなどが要因。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/21
H2新断プレス
31900円 (300)34300円 (300)
280.98ドル (0.42)302.12ドル (0.25)

 換算レート (TTS) 113.53円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7500075000
鉄スクラップ
H22300019500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 754 749 752 747
電気亜鉛 386 380 386 380
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ