• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年2月21日

一問一答 古河電工日光事業所/大雪被害で生産停止/平田雅治・日光事業所長 「原形に戻す」大目標に

――崩落時の状況を。

「15日午前8時半から11時にかけ、条の中間工程(熱間圧延・中間冷間圧延)、原料、超電導製品第2工場の3棟で、積雪により屋根の一部が崩落した。幸い人的被害はなかった」

――被害状況と復旧見通しは。

「最も大きいのは中間工程建屋で、約140メートルに渡り屋根が崩れ落ちた。公道が復旧し19日から構内に重機を入れて除雪を進めているが、崩落現場は安全面から立ち入り禁止しており、圧延機自体の損傷は把握できていない。被害があれば復旧に時間を要する可能性もある。建屋については、大手ゼネコンの現地診断を受け、復旧計画を作成してもらっているところ。このため、工期や費用はまだ分からない」

――稼働再開は。

「24日には社員が出社し、製品在庫の出荷を開始する。被害がない線・棒製品の製造工場は、安全確認して27日には通常稼働に戻せる見込み。条も溶解鋳造工程や仕上げ工程はダメージがないため、仕掛品在庫を使って下工程の稼働を順次立ち上げる」

――設備が復旧するまでの供給対応策。

「国内の複数の同業メーカーに、中間製品である素条の供給支援を要請している。需要家の品質認定や了解を得る必要もあるが、1カ月程度で外部調達の素条を使った生産を再開したい。オリジナル合金などは当社で鋳造し、熱間圧延だけを委託することも検討。汎用的な製品は、転注もお願いするかもしれない。中国でリン青銅を造る古河金属(無錫)を活用するのも選択肢の一つだ」

――韓国など海外メーカーからの調達は。

「営業や企画部門で今後の調達計画を立てると思うが、どこまで対象にするかはまだ何とも言えない」

――同業メーカーは余力に乏しそうだが。

「各社の状況は聞いていないが、具体的にわれわれの要望を伝えているところ。過去にも自然災害など不測の事態には助け合っており、支援体制は受けられる業界だと考えている。ただ、余力だけでなく品質条件、運搬の問題もあり、足元生産量の全量を代替調達するのは難しい」

――代替生産でユーザーの使用認定は得られるか。

「オリジナル性が高い合金など、1カ月で間に合わないものはあるだろう。ただ一般論として、製品特性を造り込む下工程は自社でできるので、理解は得やすいかもしれない」

――直近の生産量と在庫水準。

「月間約3200トンで、条は2800トン程度だ」

――一貫生産体制に戻すのが大前提か。

「現時点では元の形にすることを大目標にしている。事業所の従業員は600人前後で条は約400人が従事するが、雇用最優先で努力していく」

――超電導製品の生産への影響は。

「第1工場でどこまで補えるか、不足する部分は一部を外部委託するのか、現在精査中。需要家と今後の方策も協議している」 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ