• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年4月11日

トヨタ自・矢崎総業・豊通 ワイヤハーネス再資源化の取り組み

トヨタ自動車と矢崎総業、豊田通商および同社取引先である解体業者の共同で進める銅のワイヤーハーネスリサイクルに関する取り組みが、注目されている。

トヨタ自動車などでは、限りある銅資源のリサイクルの必要性を指摘。同社は自動車から自動車への銅資源リサイクルが画期的とし、自動車メーカーと電線メーカー、商社、解体業者が密接に連携して取り組むことが、今回の大きなポイントだ。これにより、国内での資源循環を推進。また、原料の銅は価格の波が大きいことから、リサイクルを進めることで、価格変動リスク低減にもつながるとみられる。

今回のハーネスリサイクルについて、解体に当たる業者は、中部地区3県にわたる豊田通商の取引業者8社。具体的には、愛知県内のニュー岩田(一宮市)、常北自動車興行(春日井市)、三利(豊田市)、森田車両(半田市)、山内商店(稲沢市)、川口商店(岡崎市)と、小林商店(三重県津市)、丸大産業(長野県伊那市)の各社だ。

解体業者がまずワイヤハーネスを取り外しその後、トヨタが廃ワイヤハーネスを破砕し、樹脂と金属で比重選別。さらに形状・磁力選別の工程を経て、矢崎総業で再生銅からワイヤハーネスを生産する。その後、トヨタ自動車が車両生産を行い、販売店・ユーザーに自動車がわたり、その車両が最終的にリサイクルされるという循環だ。

従来の機械式選別法では不純物の混入により、再びハーネスへのリサイクルができなかったが、トヨタ自動車など各社の協力でこの課題を解決、新たな機械式選別を実現した。少量ながら実証ラインで再生銅の生産を立ち上げ、実用化して安定生産するところまでこぎつけた。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ