• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2014年9月10日

スクラップ業者、不正輸出で通報 廃棄物該当性判断難しく

環境省の水際対策としては、税関から連絡があったものに対して対応する形式に変わりなく、特に検査強化の方針を示しているわけではない。ただ、環境省は地域の実情に応じた環境政策を展開するため、2005年10月に国内各地に地方環境事務所を設置。地方環境事務所との連携体制が整ってきたことで、結果的に機動力が上がっている。今回はコンテナ船の積み荷検査から発覚したが、バラ積み船も調査対象になる。 また、環境省担当者は「家電リサイクル法に触れないからと言って、一律的に廃棄物でないとみなせるわけではない」と強調する。例えば、家電リサイクル法に触れない業務用エアコンなどであっても、フロン回収の措置など、適切な処理がなされていない場合は廃棄物とみなされ、今回のように通報の対象となる可能性はある。 これまで、業務用エアコン、湯沸かし器などの雑品が金属スクラップとして輸出されてきたが、「家電リサイクル4品目ではない」「有価で買い取れば廃棄物でない」ため問題ないという認識が業者にあった。今後は、有害物質はないかなど、廃棄物該当性についても注意をしていく必要がある。 一方で、環境省担当者は「(廃棄物処理の)認可を得たリサイクルプラントから排出される適正に処理されたものの輸出は、廃棄物処理法の規制の対象にはならない」と話す。廃棄物該当性が問題となるのは、あくまで正規の廃棄物処理フローに乗らない輸出だ。当然、家電4品種は家電リサイクル法にのっとる必要がある。 また環境省担当者は、有価な金属のみで構成されており、市場性があるようなスクラップは廃棄物にあたらないとの見解を示す。だが、その判断基準は画一的でなく、取り扱い筋は難しい目利きが求められる。 輸出関係者からは、「輸出業者への検査を強めても、不適切な排出・回収の流れがある限り、問題はなくならない」との見方が寄せられる。「解体現場から出てくる雑品を買い取った場合、どうしても家庭用エアコンなどが紛れ込んでしまうことはある」(複数の輸出筋)との声もある。こうした認識は環境省も同じで、3・19通知には排出・収集段階での廃棄物該当性を警鐘する意味合いも大きい。 雑品輸出は、集荷競争の過熱と、中国における人件費の高騰で、「キロ当たり2円の利幅があれば良い方」(関東の輸出筋)との声が聞かれるほど、以前ほど利益の取れる商売ではなくなっている。廃棄物該当性に対する判断にコストがかかってくるようであれば、雑品輸出という業態が成り立たなくなることも考えられる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ