• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年2月25日

共英製鋼、ねじ節鉄筋「新機械式定着工法」開発 大幅に時短

 共英製鋼は23日、ねじ節鉄筋(タフネジバー)に使用する、新たな機械式定着工法「タフナット工法」を開発したと発表した。定着板一体型のナットを嵌合鋼線(ばね)を介し取り付けることで、樹脂材不使用での現場後付け施工を可能とし、鉄筋定着の大幅な時間短縮とトータルコストの削減、産業廃棄物の未発生を実現。

新製品・新技術 タフナット工法は、鉄筋コンクリート(RC)構造物の柱、梁、スラブ、壁、深礎などのせん断補強筋や、中間帯鉄筋、主筋などの定着に使用。タフネジバーにばね、定着板一体型のナットをねじ込み式で現場装着する。同工法の特長は(1)鉄筋定着部の工場加工が不要で、施工現場での取り付け作業のみとなる(2)定着部の小型化で、過密配筋による施工性の悪さ、コンクリート充填性が改善(3)樹脂材の注入が不要で、施工時の汚れや注入容器の産業廃棄物が発生しない――など。

 従来の鉄筋端部を半円状に曲げる工法や、定着板の工場取り付けけ、樹脂材を用い現場で後付けする工法の課題を解消し、施工性や運搬性、環境負荷の低減などにもつなげている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/02/24
H2新断プレス
26300円 (300)29000円 (300)
230.99ドル (3.66)254.7ドル (3.76)

 換算レート (TTS) 113.86円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/02/24調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200052000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H21750015000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 683 678 681 676
電気亜鉛 363 357 363 357
電気鉛 315 312 315 312
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ