• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年3月19日

JFE、電気自動車用フレームを共同開発

 JFEスチールは18日、慶応義塾大学電気自動車研究室(代表=清水浩・環境情報学部教授)と共同で、1470Mpa(メガパスカル)級の高張力冷延鋼板を主材料にテーラードブランク技術とコンピューターシミュレーションなどを駆使して超小型電気自動車の集積台車用のスチールフレームを開発・製作したと発表した。将来的に普及拡大が進むとみられている電気自動車向けの鋼材使用の方法などの可能性を探ることが狙い。

新製品・新技術 今回製作した電気自動車は慶大が文部科学省の支援を得て進めている「コ・モビリティ社会の創成」プロジェクトの一環として開発したもの。JFEが開発・製作に参加した集積台車はこの電気自動車の走行ユニットで、バッテリー、インバーターを格納する箱としての機能と、インホイールモーターやサスペンション、操舵機構、キャビンを支える骨格としての機能を持つ。

 台車フレームは車体を支えるメーンフレームを閉断面構造にすることで高剛性と軽量化を実現、先行開発試作車に比べ剛性で7倍、重量で16%減の18キロ弱になるという。材料として1470Mpa、980Mpa、590Mpa、440Mpa級の高張力冷延鋼板(板厚は0・6―1・6ミリ)を使い、車体を支える骨格部分の鋼板と外板パネルの鋼板をあらかじめ一体化させたテーラードブランク材を一度に折り曲げ加工し、高い生産性も実現した。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ