• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年5月18日

江藤造船所、スーパー省エネエコボイラー 燃費20%削減型を開発

 アルミ船やチタン船建造を手がける江藤造船所(本社=佐賀県唐津市)は、「スーパー省エネエコボイラー」(特許出願番号2008―312189)を売り出しているが、このほど、さらに燃焼率を増大させ省エネ、CO2削減を促進したボイラーを新規に開発した。とくに新開発ボイラーは、燃費やCO2を20%前後削減するなど地球環境負荷に対応したボイラーで引き合いも多く寄せられている。

新製品・新技術 同社の「スーパー省エネエコボイラー」は、熱効率を最大限に高めるため(1)ボイラーの燃焼炉外回りに熱伝導板のフィンを取り付け瞬間的な熱交換が可能になり熱効率を大幅にアップ(2)排気管をボイラー缶体に取り込みさらに一段と熱効率を高める―などにより、燃焼効率87―96%の高効率で燃焼し燃費およびCO2を大幅に削減した。

 また、排気管内に伝熱体スパイラル(平鋼をスパイラル状に曲げ加工し溶融アルミめっき処理したもの)を挿入し、平均排温310度と既存ボイラーの排温425度から大幅に温度低減を図り地球温暖化への負荷を軽減した。

 一方、同ボイラーは、全幅850ミリ×全長1524ミリ×全高1600ミリでオールステンレス製(SUS304)。最大の特長は、省エネ型と抜群に耐久性が優れていることだ。 省エネでは、現在、時間当たり16万キロカロリーでありながら同20万キロカロリー以上の能力がある。他社ボイラーと比較するとA重油時間当たり20・3リットルでありながら同25・3リットルのA重油使用時のカロリーがある。このため同ボイラー1台のみの使用で平均約20%、最大30%の省エネが見込まれる。

 その他の特長は次の通り。

 (1)缶体が無圧式(開放型)でボイラー缶体に圧力がかからず膨張することなく安全(2)無圧式+小型ボイラーで、成人であれば免許不要(3)A重油、灯油、ガス使用OKの万能型(4)施設条件に対しバナーノズル取り替えにより、簡単に燃料量を調整できる(5)制御盤スイッチONの簡単操作(6)ボイラー製作は、長い造船技術経験を生かし、構造、溶接、耐食性と信頼できる技術を確立している―などが挙げられる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ