• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年6月1日

日本ファインテック、コランダム工具開発 ダイヤモンドに次ぐ硬度

 半導体製造装置メーカーの日本ファインテック(本社=福岡県宮若市)は、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持つ「コランダム」を材料にした切削工具を九州工業大学などと開発、このほど実用化にめどを付けた。実用化したのは直線運動で切削加工を行う「ヘール加工」用の工具で、当面は社内で使用し切削工具の部品調達コストや社内の加工コスト削減を目的とする。

新製品・新技術 コランダムは、酸化アルミニウム鉱物でモース硬度9とダイヤモンド(モース硬度10)に次ぐ硬さ。天然有色のものは、ルビーやサファイヤとなる。今回、工具材として使用したのは人工の単結晶コランダム。

 研究開発は、同社と九州工業大学、金型加工のサンテック、福岡県工業技術センターと共同で行った。九州工業大学と福岡県工業技術センターが共同で研究し、サンテックが研削加工技術を開発、同社が切断加工技術と実工程への応用を担当する。

 切削工具には超鋼工具鋼や焼結ダイヤモンド工具を使用するケースが多い。超鋼工具鋼は切削加工後の表面粗さがRa0・17マイクロメートルに対し焼結ダイヤモンド工具はRa0・08マイクロメートルと粗さが小さい。しかし焼結ダイヤモンド工具や焼結ダイヤモンドより高い加工精度を誇る単結晶ダイヤモンドは非常に高価。

 また、真空チャンバーの加工において、配管接続部のOリングからリークせず真空度を維持することが重要。切削表面に傷が残れば、そこからリークする。これを防ぐため機械加工後に手作業で円周方向に磨き加工を行うか、高価なダイヤ工具で磨き精度を出していた。

 これだとコストがかかりすぎるため、福岡県技術センターは工具材としてコランダムに着目。コランダム切削工具は、価格面では単結晶ダイヤよりコストが半値となり、また、表面粗さはRa0・04マイクロメートルと焼結ダイヤ工具よりも磨き傷を小さくできる。同社では、加工コストを5分の1に、切削工具の調達コストを3分の1から半分程度にできると見積もる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ