• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年6月17日

愛知製鋼、新耐熱ボンド磁粉開発 ディスプロシウム無添加で保磁力向上

 愛知製鋼は16日、ディスプロシウム(Dy)を添加せず、150℃の高温環境での保磁力、酸化ロスの信頼性を向上させた、新合金のネオジム系異方性ボンド磁粉「マグファインMF18P」を開発した、と発表した。

新製品・新技術 新製品は、ネオジム、鉄、ボロン(NdFeB)を主成分とする合金。インゴットの結晶を微細化し、緻密で均一な非磁性の粒界フィルムを形成させることで、保磁力を14KOeから20KOeに引き上げるとともに、酸素を遮へいするマイクロカプセル技術で耐酸化性も高め、従来5%程度の添加が必要だったDyを使うことなく、150℃の高温環境下での使用を可能としている。磁力はフェライト磁石の5倍。

 これまで、モーター用の磁石には保磁力を高めるため、Dyを使用することが一般的だったが、価格の高さや産出が中国一国に限られることによる、将来的な調達への懸念などが課題となっていた。同社のマグファインは、それをクリアする画期的なもの。05年には最高120℃環境で使用される自動車ボディー系や、家電分野用モーター向けの磁粉を開発し、モーターの小型化(従来品との体積比50%減、同質量比40%減)を実現していた。

 今回の150℃耐熱磁粉の開発により、ABS(ブレーキ)、EPS(パワーステアリング)、燃料ポンプなどすべての自動車用ユニット系モーターへの使用を可能とした。価格面でも、150℃環境で使用する従来のDy添加磁粉に比べ、20%強程度の低減につながるとしている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ