• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年6月21日

JFEシビル、コンクリ内部を可視化 亀裂・空洞の発見可能に

 JFEシビル(木原和弥社長)は18日、弾性波の減衰率を用いたコンクリート構造物内部の可視化手法を開発したと発表した。高周波・減衰率を用いることで、これまで実現困難だった内部亀裂の発見、クラック深さの評価を可能にした。

 これまでコンクリート構造物の内部を診断するためには、ハンマーなどで打撃を加えたり、超音波振動子によりパルス波を発生させたり、電磁波(レーダー)を利用し、反射波や透過波を計測するという手法がとられてきた。ただ、いずれの手法も再現性が低く、同一レベルで診断を継続するのが難しいことや、解析に熟練が必要なこと、計測距離がコンクリートの表面から数10センチ程度までであることなど、実用的ではなかった。

 同社はコンクリート内部に空洞や亀裂があると、音波がエネルギーを失い減衰することに着目し、内部空洞の大きさや位置、表面亀裂の深さなどを音波の減衰率を用いて可視化した。この音波はコンクリート内部の鉄筋の影響を受けず、数センチから数10センチの内部亀裂や空洞などの欠陥を検知する。また、再現性が高く、熟練が不要なほか、振動などのノイズの影響を受けにくいため、供用中の高速道路の橋脚などの点検にも使用できる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ