• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年6月24日

住友電工、アンモニアガス分解除害装置を開発

 住友電気工業は23日、アンモニアガス分解除害装置を開発したと発表した。独自材料のニッケル多孔質金属体「セルメット(商品名)」と、ナノサイズのニッケル金属微粉末を使い、数十%以上の高濃度のアンモニアガスを環境排出基準の25ppm以下に分解できる。窒素酸化物(NOX)や二酸化炭素(CO2)の排出がなく、小型で低消費電力の設備を実現した。

新製品・新技術 開発品は集電体、マイナス極、固体電解質、プラス極、集電体という5層構造の素子を使う。集電体に通気性と導電性に優れるセルメット、マイナス極に高性能酸化触媒のナノニッケルを採用した。

 分解後のガスはNOXを含まない。分解過程で液化天然ガスなどによる燃焼がないので、CO2の排出量もゼロにできる。ガス分解時に発生する電気エネルギーを設備運転電力に還元でき、20%以上の省エネ運転が可能。また、吸引ファンなどの動力源が不要なため、従来の同規模の装置より小型化できる。

 住友電工は今後、窒化ガリウム関連製品の自社生産開発工程に本装置を適用し、社内フィールドテストを進める計画。この装置の導入により、窒化ガリウム生産開発工程のCO2排出量を10%程度削減できる見込み。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/01/13
H2新断プレス
26400円 (―)29300円 (―)
227.53ドル (0.43)252.52ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 116.03円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/01/13調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6900069000
鉄スクラップ
H21750014500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 697 692 695 690
電気亜鉛 349 343 349 343
電気鉛 295 292 295 292
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ