• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年7月6日

新東工業、ショットピーニング用の高硬度投射材を開発

 新東工業(本社=名古屋市中村区)は、ショットピーニング用で最も幅広く使用される直径0・3ミリ以上の投射材で、世界最高レベルの硬度HV930を達成した高硬度カットワイヤ投射材(特許4386152)を開発、販売を開始するとともに、受託加工体制を整えた。

新製品・新技術 従来ショットピーニング用の高硬度投射材は、直径0・2ミリ以下の小粒径投射材で硬度HV900程度のものはあったが、0・3ミリ以上のサイズでは存在しなかった。今回同社が開発した高硬度投射材は、従来に比べ30%程度強度をアップ、世界最高レベルに該当する、としている。

 ショットピーニングは、各種ギアやばね、金型などの疲労強度向上を目的として行う加工だが、この材料を使用すると投射材硬度が高いために、投射速度を落とすことが可能で、使用する電力の80%削減が可能となり、トータルでのランニングコストやCO2発生量の低減に貢献できる。また小型化、軽量化に対応するための金属材料、熱処理の改善により、硬度化が進んでいる自動車用トランスミッションギア、CVT部品などへのショットピーニングでは、従来以上に高硬度の投射材が必要となるが、この領域でも対象部品等の表面硬度をHV1000以上、1800MPa以上の世界最高レベルの圧縮残留応力を得ることが可能だ。なお直径サイズは0・3ミリ、0・6ミリ、1・0ミリの3種類がある。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ