• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年9月3日

AGCセラミックス、新炉材を開発 業界最高の耐用温度

 AGC旭硝子の耐火物製造子会社、AGCセラミックスは2日、新開発した工業炉用高断熱セラミックス炉材を10月に発売すると発表した。独自技術の特殊溶融セラミックス粒子を使い、業界最高の耐用温度を実現した炉材を、従来の不定形耐火物の代替材として提案する。エネルギーロスが従来材の半分に抑えられる省エネ性能を訴え、加熱炉の側壁などの断熱材として鉄鋼、非鉄金属、ガラス製造などの分野で採用を促し、2015年段階で売上高30億円をめざす。

 工業炉で主流の断熱レンガは、つなぎ目が高温で損傷し、熱が漏れる。一部の炉で採用されるファイバー系炉材も、高温による収縮で生じる亀裂から熱が漏れる。新開発した炉材は粉状の素材を水で溶かして一体成形が可能なため、つなぎ目からの熱漏れによるエネルギーロスが抑えられる。

 新たな炉材は断熱レンガ並みの1600度で使用可能で、断熱性は断熱レンガ、ファイバー系炉材と同等。収縮率は断熱レンガ並みに小さい。加熱炉などに使う不定形耐火物と比べた場合、エネルギーロスに相当する放散熱量は半分にとどまり、省エネ効果が高い。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/03/23
H2新断プレス
29400円 (―)32300円 (―)
261.38ドル (0.56)287.16ドル (0.61)

 換算レート (TTS) 112.48円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/03/23調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H22050017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 668 663 666 661
電気亜鉛 355 349 355 349
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 223 218 223 218

非鉄金属市場価格へ