• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年9月30日

アマダマシンツール、超硬ブレード開発 超耐熱合金を4時間で切断

 アマダグループのアマダマシンツール(本社=神奈川県伊勢原市)は28日、直径480ミリの超耐熱合金インコネルを従来の6分の1、約4時間で切断可能な超硬ブレードを開発したと発表した。これにより、これまでバンドソーでは切断できなかった、超耐熱合金やチタン合金などの超難削材の加工が可能になる。航空旅客機やロケットなどの航空宇宙産業、太陽電池や風力発電などのエネルギー産業、液晶パネルなどのエレクトロニクス産業を対象としており、加工領域を広げることで、切削事業の拡大をめざす。

新製品・新技術 新しい超硬ブレードは「AXCELA・Hシリーズ」として標準品、特殊タイプ、大型の難削材切断で発生する狭窄にも対応できるワイドセットアサリの3タイプをラインアップ。

 Hシリーズは、フラットセットタイプ・トリプルチップ(FSTデザイン)と呼ばれる同社独自の特殊歯先形状と、高速切断に最適な超硬合金チップを採用したブレード。従来、放電加工で切断していた超耐熱合金インコネル(直径480ミリ)では、同社のパルスカッティングバンドソーマシン「PCSAWシリーズ」との組み合わせによって、これまで24時間かかっていた切断時間が4時間に短縮したほか、エレクトロニクス関連のターゲット材の切断でも、一般の超硬ブレードに比べ同じ切断スピードで2倍以上のブレード寿命を達成したとしている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ