• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年10月12日

江藤造船、省エネ加温装置を開発 アルミめっきで熱伝導率50%向上

 アルミ船やチタン船建造を手がける江藤造船所(本社=佐賀県唐津市、江藤光明社長)はこのほど、「省エネ加温装置」(特許取得、実用新案登録)に溶融アルミめっき加工を施した新タイプの装置(特許2010―070370)を開発した。

新製品・新技術 新タイプの装置は、従来のステンレス素材タイプに比べて熱伝導率が50%以上速くなり、燃費、CO2削減が約15%前後見込めるなど省エネ効果とCO2削減に大きな威力を発揮している。とくに近年のオイル高騰から農業ハウス関係や水産加工関係などから問い合わせも相次いでいる。

 「省エネ加温装置」は、長さ2000×幅200ミリで、ステンレス平板に熱伝導の高い特殊板を無数に取り付けたステンレスバンド。これを現在使用中の各メーカーの加温機(温風機)の熱炉の基板に、ステンレスバンドで締め付ける。これまでの試験結果、A重油で30%以上の燃料消費の節約になることが実証された。

 同社はさらに、熱伝動率の効果を高め、省エネ、CO2削減を促進するためステンレス基盤に溶融アルミめっき加工を行った。これにより熱伝導率は大幅にアップするなど良好な結果を得た。

 同装置の主な特長は(1)加温機はあらゆるメーカーの現在の製品に取り付けて使用できる(2)単品で非常に安価(3)取り付けが簡単(4)省エネ結果が取り付け後に即判明する(5)故障がほとんど発生しない(6)軽量のため製品の持ち運びが安易で危険性が低い(7)燃焼炉は鋳物材の金属疲労により炉に割れが発生する場合があるが、同装置取り付けによりステンレス板にバンドで締め付けることで逆に割れを防止する(8)無数のフィン取り付けにより熱を分散させ割れ防止・炉の温度以上に温度の上昇はない(9)鉄製鋳物と同装置は電位差が少なく、異種金属により電食はなく長の造船技術(海水)で立証されている――などが挙げられる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ