• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年11月10日

東洋アルミ、無着色で高輝度実現 干渉色アルミ顔料を開発

 東洋アルミニウム(本社=大阪市中央区)はこのほど、着色顔料を一切使用しない干渉色アルミ顔料を開発した。従来品より輝度や彩度が増し、塗装下地の保護力と隠蔽性を向上させた。販売色は青や緑、ピンクなど8色。自動車分野だけでなく化粧品分野などの市場にも供給する。

 新製品「クロマシャイン」は、粉砕したアルミフレーク表面にシリカ(SiO2)層や金属粒子層などの被膜を施した顔料。色相はシリカ層の厚みを変えて調整する。シリカ層を薄くするとアルミフレークで反射する光と金属粒子層で反射する光が干渉し、青や紫色に見える。逆に層を厚くすると赤みを増す。

 見る角度によって色調が変わる干渉色を強めるため、光の乱反射効率に優れる金属粒子層をシリカ層の上に施した。化粧品分野では、表面処理により『コスミカラー』としてマニキュアなどに採用されている。「樹脂に混ぜれば射出成型向けのマスターバッチとしても使用できる」(斉藤満・開発販売部長)。

 塗料分野では、揮発油を使用しない環境配慮型の水性塗料に移行しているが、アルミフレークは水と反応しやすい性質のため、水性塗料には向かなかった。同製品はアルミフレークに被膜を密着させることで水性化にも対応している。

 アルミフレークは、パール塗装などで使用される雲母(マイカ)や微細ガラスと比べて光の反射効率が良く、下地に透過しないため、自動車ボディーなど外装用塗料としての需要が期待されている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/08/21
H2新断プレス
30000円 (300)32300円 (800)
271.81ドル (2.96)292.65ドル (7.5)

 換算レート (TTS) 110.37円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/08/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5700055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H22100017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 730 725 728 723
電気亜鉛 367 361 367 361
電気鉛 311 308 311 308
アルミ二次地金 99% 209 204 209 204

非鉄金属市場価格へ