• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年11月18日

アイダエンジ、高張力鋼板の成形システム開発

 機械メーカーのアイダエンジニアリング(本社=神奈川県相模原市)はこのほど、自動車軽量化に対応する高張力鋼板成形システムを開発した。980メガパスカルハイテン材の形状を決定する1工程目に、新開発の高張力鋼板専用プレス機を置き、柔軟でパワフルな成形を行う。搬送装置は同社独自の高速搬送技術を活用し、既存設備を生かした効率的な生産システムを実現したとしている。

 高張力鋼板はピラーなど自動車の車両骨格部品での採用が広がっているもの。一般的な鋼板が1平方ミリメートル当たり30キロ未満の荷重にしか耐えられないのに対して、高張力鋼板は100キロ以上の荷重に耐えられるものもある。このため通常の鋼板より薄肉化でき、衝突安全性と車体軽量化の両立が可能で、自動車の燃費向上やCO2排出量削減につなげることができる。ただ、材質が硬いため、形状凍結性は低く、一般的な加工方法では製品精度が安定しない、高い加圧能力のプレスが必要、金型寿命が短くなるなどの課題を抱えている。

 今回開発した高張力鋼板成形システムは、高張力鋼板専用プレスと既存トランスファプレス、およびプレス間高速搬送装置で構成する。高張力鋼板専用プレスは、最も大きな加圧力が必要になる1工程目を独立させたもので、鍛造用プレス並みの高剛性フレームと独自のガイド構造を採用したほか、ベッド内に油圧電動サーボダイクッション(能力3000キロニュートン)を装備し、高い精度での圧力、速度のコントロールができる。

 またメーカーを問わず既存トランスファプレスを改造し、高張力鋼板専用プレスと同期制御を行うとともに、新開発のプレス間高速搬送装置でつなげることで、連続運転を可能とし、20spm(毎分ストローク数)を実現した。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ