• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2010年12月8日

JFEスチール、新型電縫鋼管を開発 継目無並みに靱性向上

 JFEスチールは7日、高級鋼管戦略の一環として、溶接部の性能を飛躍的に向上させた電縫鋼管「マイティーシーム」を開発したと発表した。溶接部の酸化物を減らすことで、シームレス鋼管(炭素鋼)とそん色ない水準まで靱性を向上させており、極寒冷地など厳しい敷設条件での採用、小径・薄肉分野におけるシームレス鋼管やUOE鋼管からの代替需要を狙う。

 電縫鋼管は従来、溶接部の酸化物が十分に排出されていない領域がみられた。このため、アラスカなど極寒冷地の低温下では、溶接時に発生する酸化物の影響で、靱性が著しく低下するため、電縫鋼管の使用は困難とされた。

 JFEスチールは、溶接部全長にわたって安定した品質を保証するため、溶接時に発生する酸化物の形態や分布を制御する溶接技術を開発。板厚方向に均一に加熱・溶融することで、溶接部の酸化物を外側に排出されやすいようにした。また、フェイズドアレイ超音波探傷の技術を適用して、連続的に溶接部全長をリアルタイムで探傷する技術を開発し、酸化物の形態や分布を検査することが可能になった(最小検出欠陥は0・2ミリ程度)。フェイズドアレイ超音波探傷技術導入など、約2億円を投じている。

 これらの技術を組み合わせることで、溶接部の信頼性が高く、マイナス50度以下(従来はマイナス20度程度)の低温下における靱性が確保できる「マイティーシーム」を商品化したもの。シームレス鋼管やUOE鋼管と比べて生産性が高く、鋼管継ぎ目部分の溶接負荷低減など、ラインパイプの敷設でコストを低減でき、10―20%のコストダウンが期待できるという。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ