• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年1月24日

JFEエンジ、断層用水道鋼管を開発

 JFEエンジニアリング(岸本純幸社長)はこのほど、断層用鋼管(水道用、特許取得済み)を開発した。

新製品・新技術 日本国内には、2000カ所以上の活断層が存在するといわれる。活断層は1000年周期で動くとされ、地域によって異なるものの、断層変位が起こる可能性は数%―14%とされる。1回の断層変位量は平均2メートル、最大で8―10メートルとされており、この場合、埋設されている水道管路が変形・亀裂し、漏水する可能性が高くなる。

 JFEエンジは、特徴のある製品構造で断層変位を吸収する断層用鋼管を開発。座屈波形を鋼管に設けており、変形しやすい形状をあらかじめ与えることで、変形をコントロールする。条件(地盤、断層変位、断層角度)に合わせて、直管と断層用鋼管を組み合わせることで、断層変位に対応する。鋼管に亀裂が生じることなく、シミュレーション通り、大変形に追随させることが可能だ。

 直管部と同じ管厚のため、変形後、座屈波形が伸びきっても、常時荷重に耐えることができる。液状化による側方流動や地盤沈下などにも対応が可能。シンプルな構造で他工法と比べて大幅なコストダウンを実現する。座屈波形1山当たり15度まで対応し、鋼管外径(ベンディング鋼管)は800A―3000A。座屈波形部分は鋼管外径800A―1200Aは液圧加工、1200A以上はプレス加工で対応する。実大実験で30度以上曲げても亀裂・漏出がないことを確認している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ