• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年2月17日

福電、耐熱・耐震型補償電線を開発 シールドに銅箔糸採用

 耐熱電線メーカーの福電(本社=大阪市中央区)はこのほど、銅箔を巻いた糸を編組シールドに採用した耐熱・耐震型補償電線『KXタフラ―BST』を開発した。シールドが断線してシースを傷つけるのを防いだもので、厳しい使用環境下における可動部配線の需要を見込んでいる。

新製品・新技術 補償電線は温度差を測定するセンサー(熱電対)のリード線に使われる。従来品の『KXタフラ』は高ニッケル合金の導体に、フッ素樹脂の絶縁、可とう性フッ素ゴムのシースを施したK熱電対用の耐熱・耐震型の補償電線で、柔軟性に優れ200度下の連続使用にも耐えられる。

 このほど開発した新製品『KXタフラ―BST』は、絶縁体とシースを遮へいする金属編組シールドに、素線径0・11ミリの錫めっき銅箔糸を使用したもの。銅箔を糸に巻くことで柔軟性を保ったままシールドの強度を上げ、断線してシースを内側から破るような問題は解消される。

 同社の屈曲試験では、1分21回のペースで行った計500万回の曲げ試験、1分38回で360度ねじった計500万回の捻回試験、1分12往復の100万回のケーブルベア試験もすべてクリアした。絶縁体や外装にひび割れもなく、外観試験や電気試験にも合格している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ