• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月4日

NEDO、強磁性窒化鉄粉末の合成で新手法 希土類レスへ

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は3日、強磁性窒化鉄粉末の新しい合成手法を確立したと発表した。強磁性窒化鉄は、現在最強とされるネオジム―鉄―ボロン磁石の性能を上回る可能性がある物質。高い磁気特性や再現性を持つ粉末は、これまで生成できていなかった。今回の成果により、希土類を使わない高性能磁石の実現に一歩近づいた。

 NEDOの「希少金属代替材料開発プロジェクト」に取り組む、東北大学大学院の高橋研教授、小川智之助教、戸田工業(株)などによる成果。強磁性窒化鉄は純鉄よりも高い磁気特性を示す一方、希土類や希少金属を含まない。ネオジム―鉄―ボロン磁石に代表される、希土類磁石の代替材料の一つとして期待される。

 鉄化合物の世界トップメーカーである戸田工業が、強磁性窒化鉄に最適な原材料を合成。これを使い東北大学が前駆体の合成技術を開発し、強磁性窒化鉄を高含有する粉末の生成に成功した。グラムオーダーでの高い作製再現性も確認した。 磁石の特性を左右する結晶磁気異方性定数は、強磁性窒化鉄薄膜の実験でこれまでに得られた最高値と並ぶ。

生産性が高く、大気中に取り出しても非常に安定なため、量産化の障壁も低い。 今後は強磁性窒化鉄の生成構造解明や微細ナノ構造制御を検討し、より高性能な磁石材料設計に取り組む。磁石メーカーと連携し、希土類レス磁石モーターの実用化検討も進める。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ