• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年3月18日

萩尾高圧容器、高耐食性のフロンガス回収容器を開発

 LPガス容器やバルク貯槽などの製造販売を手がける、萩尾高圧容器(本社=愛媛県新居浜市)は、内面にめっき処理を施して防錆性を高めたフロンガス回収容器を開発、4月から販売を開始する。回収したフロンガスを再利用するため、耐食性を高めた回収容器のニーズが高まっており、自社技術を生かして受注拡大をめざす。

新製品・新技術 同社では2003年ごろからフロンガス回収容器の製造を手がけている。技術を生かして内部にめっきを施工する前に、内面を酸洗するための特殊装置を開発、工場に導入した。組み立てた後に密閉状態で容器の内面を洗浄できる専用装置。めっきは、前工程の洗浄が確実にできていないと均一にコーティングができないのが難点だった。

 同社では、酸洗洗浄とスチーム乾燥を行い、めっき施工作業は専門業者に外注、無電解ニッケルめっきを施工する。容器内面に均一なめっき皮膜を形成する。無電解ニッケルめっきにより、高い耐腐食性が付加される。溶接を伴う形状の製品では、継手形状で品質を確保できる。

 フロンガスは、オゾン層破壊物質の特定フロンの生産は全廃されたが、冷蔵冷凍設備や空調機器の内部で冷媒として使われている。また、2001年に制定された法律により機器を破棄する際に、フロン類の回収が義務付けられている。

 回収したフロンガスの再利用が広がっているが、保管時に容器内面に空気や水分が混入することで腐食やさびが発生するため、フロンガスの品質維持の観点から対策が求められていた。現在、行われているパーカー処理(リン酸塩処理)だけでは、塗装の下地処理で有効な防錆効果は得られていない。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ