• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年4月12日

三協マテリアル、マグネ合金小径ビレットを開発

 三協マテリアルは11日、小型鍛造品に適したマグネシウム合金小径ビレットの製造技術を、世界で初めて開発したと発表した。現在は鋳塊(ビレット)を塑性加工して、小型鍛造向けの棒を造っているが、今回同社が発表した新製法を用いれば、鍛造に直接供給できる小径ビレットを連続鋳造することが可能になる。従来の塑性加工による製造方法では、生産性やコスト面に課題があり、市場を拡大する上での障壁となっていた。

 今回同社が確立した「断熱鋳型連続鋳造法」は、鋳型の下から出す冷却水で溶湯を急冷凝固させることでビレットを形成する。鋳型を断熱構造にし、鋳型内での凝固を極力抑えた溶湯を急冷することで、これまでより微細で均一な凝固組織が得られるという。微細・均一な結晶組織は鍛造加工の際の割れを抑制し、成形性を向上させる効果がある。ビレット径は50―100ミリを想定する。

 これまでは径150―300ミリのビレットを押出機にかけて、より小さな押出棒にし、それを小型鍛造に用いていた。三協マテリアルは塑性加工を伴わない鋳造方法で、従来よりコストを下げ、同時に鍛造加工性を向上させる鋳造材の実用化技術の開発に2007年度から取り組んできた。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ