• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年5月16日

神戸製鋼・トヨタ、ハイテン加工で新技術 残留応力を大幅低減、軽量・コスト減

 神戸製鋼所は13日、トヨタ自動車と共同で新しいハイテン(高張力鋼板)加工技術を開発したと発表した。980メガパスカル(MPa)級超ハイテン材の残留応力を大幅に低減させる「リバース・ボトミング工法」と呼ばれるもので、この工法を使った部品が今年1月にトヨタが発売したレクサスCT200hのセンターピラーに採用された。また、この工法開発・採用で、トヨタが2月25日に開いた2010グローバル仕入先総会で軽量化貢献が評価され、「MI(マス・イノベーション)賞」を受賞した。

 一般に980メガパスカル級以上の超ハイテン材を、センターピラーなど形状が複雑な部品にプレス加工する際、問題とされていたのがキャンバーバック(反り返り)という現象を生むハイテン材内部の残留応力。神鋼とトヨタは数年前からシミュレーション技術などを使って、ハイテン材の加工効率化に向けて研究・検討を進めてきていた。

 今回開発した「リバース・ボトミング工法」では、2方向からプレスを分割して行う工程設計により、残留応力を大幅に低減した。これにより、従来、440―590メガパスカル級鋼板の適用にとどまっていたセンターピラーに、980メガパスカル級冷延ハイテン材の適用が可能となった。材料強度を大幅に強化できることで、部品点数の削減につながり、約35%の軽量化と約25%のコストダウンが実現した。

 神鋼は昨年、USスチールとの合弁の米国・プロテックに連続焼鈍設備(CAL)の導入を決めるなど、グローバルハイテン戦略を薄板事業の中核と位置づけているが、グローバル戦略と、今回のような技術ソリューション活動によって、2015年度にハイテン材(590メガパスカル級以上)の販売量を現在の2倍に引き上げる方針だ。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/05
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.65ドル (-0.19)237.78ドル (-0.21)

 換算レート (TTS) 114.81円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/05調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 682 677 680 675
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ