• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年5月26日

日本金属工業、ばね用の低ニッケル・ステンレスを開発

 日本金属工業は24日、ニッケル含有量を従来の半分以下に抑え、マンガンなど加えたオーステナイト系ステンレス「NTKS―7」を開発・商品化したと発表した。ばね用ステンレスとして電子部品、自動車、医療機器向けなどに拡販する。低ニッケルのため、従来のばね用ステンレスSUS301より、20%以上のコストダウンが可能。加工しても磁性が極めて低く、磁性を嫌う用途にも適しているという。

新製品・新技術 オーステナイト系ステンレス「NTKS―7」は、ばね材に使われるSUS301の代替材としての特長を維持し、価格変動幅が大きいニッケルの低量化にこだわった。基本成分組成は「16・5%Cr―8%Mn―1・2%Ni―2・1%Cu」で、同社がラインアップしているオーステナイト系鋼種の中で、最もニッケル含有が低い鋼種。

 NTKS―7の硬さバリエーションは、JISG4313ばね用ステンレス鋼帯のSUS301―CPUにおける調質の記号で1/2H、3/4H、フルHが製作可能。また同製品はクロム、マンガンを主成分としており、加工による硬さの上昇に伴う磁性の発生をSUS301、SUS304より低く抑えられ、強度は両JIS鋼種より高い。1000時間の耐食性試験でも、JISZ2371塩水噴霧(5%塩化ナトリウム)で錆びはなかったという。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/05/26
H2新断プレス
23800円 (―)26500円 (―)
211.01ドル (-0.25)234.95ドル (-0.27)

 換算レート (TTS) 112.79円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/05/26調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21450012500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 661 656 659 654
電気亜鉛 332 326 332 326
電気鉛 293 290 293 290
アルミ二次地金 99% 226 221 226 221

非鉄金属市場価格へ