• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年6月22日

古河電工、世界最高圧275キロボルト超電導線を開発 交流損失も半減

 古河電気工業と財団法人国際超電導産業技術研究センターは21日、世界最高電圧の275キロボルトに対応した超電導ケーブルを開発したと発表した。イットリウム系高温超電導線材を使ったもので、ケーブル化技術の改善などにより、従来の開発品に比べて2倍の電圧、3倍の電力を達成した。交流損失(交流電流を流した時に発生するエネルギーロス)も従来の半分に低減し、大容量で低損失の電気を送ることができる。

 既存の銅導体の基幹系送電線としては、国内で275キロボルト、海外で220キロボルト級が主流。これまで開発されてきた超電導ケーブルの電圧階級は、国内66キロボルト級、海外138キロボルトが最高電圧で、高電圧に耐え得るケーブルの開発が急がれていた。

 海外実績の138キロボルトに対し電圧は2倍、送電容量は3倍の150万キロワットを達成した。火力発電所1基分の電力を、超電導ケーブル1回線で送電できる水準。交流損失は、3キロアンペアの通電でメートル当たり0・12ワットと、これまでの世界記録の半分に低減した。現用のCVケーブル(架橋ポリエチレン絶縁ケーブル)に比べると4分の1。

 275キロボルト気中終端接続部は、繊維強化プラスチック(FRP)の芯棒にシリコンゴムの絶縁外被を施した、複合碍管を採用。従来の磁器碍管による気中終端に比べて、長さで80%、重量で20%の小型・軽量化を実現した。交流電圧400キロボルト、インパルス電圧1155キロボルト、交流通電3キロアンペアの連続通電をクリアした。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ