• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年8月4日

独レオニ、車用アルミブスバー開発 バッテリーケーブル、銅線を代替

 独大手電線メーカーのレオニは2日、自動車用バッテリーケーブルの代替として、アルミニウム製のブスバーを開発したと発表した。丸棒状のアルミブスバーを、ハロゲンフリーのポリエチレンで被覆。一般的な銅導体のバッテリーケーブルに比べて、重量を40―60%、最大3キログラム削減できる。固体のブスバーにしたことで、アルミ導体特有の太径化も避けられる。2013年発売の新車に搭載予定。

 ブスバーは板状や棒状の金属導体。バッテリーケーブルは自動車のエンジンとバッテリーを結ぶ。近年はバッテリーを車後方に積むケースが多く、自動車1台に搭載される電線総長およそ3000メートルのうち、バッテリーケーブルは特に長い単線接続部になる。この導体を銅からアルミに替えれば、軽量化効果が大きい。

 レオニは今回、アルミ導体を撚り合わせた電線ではなく、固体のブスバーを開発。シャーシの上部や底部に直接はわせることができ、車種に応じて4メートル以上の長さ、単線・双線などの対応が可能。

 固体構造と独自の加工技術により、導体断面積を大きくでき、結果的に太径化を防ぐ。アルミは銅よりも軽量だが、導電率が低いため、代替時には太径化の問題がついて回る。レオニによると、直径15・5ミリメートルの銅導体の多芯ケーブルに対して、同等の導電性能を持つアルミブスバーは直径14ミリメートル以下。省スペース化に寄与する。原材料や製造プロセスのコストも、銅ケーブルより安いとしている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ