• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2011年12月19日

JFEスチール、耐食性を2倍に 高機能電気めっき鋼板を開発

 JFEスチールは16日、高機能電気亜鉛めっき鋼板「エコフロンティアJX」を開発したと発表した。従来に比べ2倍の耐食性、加工工程削減につながるプレス成形性の大幅向上など実現した商品で、環境汚染物質を含まない環境対応のクロメートフリー鋼板「エコフロンティア」シリーズの一つとしてラインアップし、冷凍ショーケースやモーターケースなど、高度の耐食性と成形性が必要とされる部品への用途拡大を図る考え。

新製品・新技術 従来の電気亜鉛めっき鋼板では、厳しい耐食性が要求される水周り部品などに使われる際、耐食性を確保するため鋼板表面の化成被膜を厚くして対応するが、ただ表面の導電性の低下を招くため、スポット溶接性やアース性が低下するという課題があった。

 今回の「JX」はこうした課題を克服するため、08年から開発に着手。現在のエコフロンティアシリーズの主力使用品である「JN」(07年度に大河内記念技術賞などを受賞)で培った、被膜成形技術による腐食抑制のための酸素バリア性と、自己補修性に新たな開発を加え、商品化につなげた。

 主な特徴は亜鉛めっき層の表面に緻密な特殊ナノ分子層を形成させる「eNano技術」を新開発し、腐食因子である酸素と水の透過を抑え、薄膜で導電性を維持しながら従来材料に比べ2倍の耐食性を実現。またさまざまな摺動条件に適用可能な新規潤滑成分を添加し、プレス成形性を大幅に向上、これまで需要家でのプレス工程で必要だった塗油およびアルカリ脱脂工程そのものの工程削減も図れるという。さらに被膜損傷防御性を高めたため、密着性や耐食性の点で使用が困難とされていた冷蔵庫・洗濯機など、意匠性の高い塗装下地用部品にも適用でき、使用領域が広がる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/09/21
H2新断プレス
31900円 (300)34300円 (300)
280.98ドル (0.42)302.12ドル (0.25)

 換算レート (TTS) 113.53円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/09/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
6000060000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7500075000
鉄スクラップ
H22300019500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 754 749 752 747
電気亜鉛 386 380 386 380
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ