• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年1月24日

協和電線、アルミ導体でリッツ線 銅より50%軽量化

 古河電気工業グループの電線メーカー、協和電線(本社=大阪市)は23日、アルミニウム導体のリッツ線(細いエナメル線を複数本撚り合わせた巻線の一種)を開発したと発表した。従来の銅リッツ線と比べて半分程度に軽量化でき、電気自動車(EV)の非接触給電用コイルなどへの採用を狙う。アルミ線に錫めっきを施しており、端末のはんだ付けも容易にした。

 新商品「KANZACC?ALC―fine・Litz77(カンザック・アルク・ファイン・リッツ77)」は、錫めっきアルミ線に絶縁皮膜をコーティングし、撚り合わせてリッツ線にしたもの。

 アルミの質量は銅の約3分の1。銅と同等の電気特性を得るには約1・5倍の太径化が必要なため、総じて軽量化効果はおよそ50%となる。アルミは通常表面が酸化皮膜に覆われており、はんだ付けしづらい素材だが、錫めっきで解決。絶縁皮膜も、はんだ付け時の熱で自然に除去できる材料を選んだ。これによって端末接続処理の時間が大幅に短縮し、コイル製作コストを低減できる。

 リッツ線は細線を撚り合わせた構造で、表皮効果による交流抵抗の増加を改善できる。表皮効果は、高周波電流を流すと電流が導体表面に集まり、電気抵抗が増す現象。この改善によって、導体温度上昇の抑制や、使用機器の効率化・小型化・省エネに寄与する。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/04/27
H2新断プレス
25800円 (-700)28800円 (-700)
229.64ドル (-6.27)256.34ドル (-6.28)

 換算レート (TTS) 112.35円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/04/27調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21650015000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 657 652 655 650
電気亜鉛 329 323 329 323
電気鉛 299 296 300 297
アルミ二次地金 99% 231 226 231 226

非鉄金属市場価格へ