• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年2月22日

大東精機、新型開先機2種開発 鉄骨一次加工を合理化

 大東精機(本社=兵庫県尼崎市)は、H形鋼用ツインタイプ開先機とコラム用開先機の新型開先機2種を開発し、本格的な市場投入を開始した。両タイプとも機械単体での導入のほか、既存加工ラインへのリプレース導入も行えるもので、鉄骨一次加工工程での合理化に寄与する。

 新機種のうち、H形鋼用ツインタイプ開先機「KHR1050」(特許出願中)は、1台で材料の両端に開先加工ができる新発想のもと開発。従来は材料の両端に開先加工を行うために開先機を2台並べたダブルタイプが必要だったが、新機種は前端開先用と後端開先用のカッターヘッドをひとつに集約することで、ダブルタイプの約半分のスペースで材料を反転させることなく、両端の開先加工が可能。

 コラム用開先機「KCW800」は、高速、高精度、コンパクト、操作性のすべてを追求。4条刃の採用で加工時間を短縮するとともに、カッタードラムを上昇させずに材料を貫通させる方式でアイドルタイムの短縮と省スペース化を実現。冷間プレス成形角形鋼管BCPの開先加工で生じるシーム部の膨らみ部分も、自社開発の「シーム逃し機構(特許出願中)」で均一に加工ができる。

 前者の機種は、最大幅1000ミリメートルから最小幅200ミリメートル。後者の機種は、最大800ミリメートルから最小150ミリメートルサイズまでの材料に対応。加工サイズが大幅に拡大している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ