• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年3月29日

神戸製鋼・ダイヘン、亜鉛めっき鋼板の新溶接プロセス共同開発 欠陥極小化

 神戸製鋼所と溶接電源・機器メーカーのダイヘンは28日、亜鉛めっき鋼板の新しい溶接プロセス「J―Solution Zn」を開発したと発表した。溶接時の欠陥発生による手直しをなくし、スパッタ(火花)を従来比60%低減。自動車用鋼板の品質・生産性の向上、コスト低減など競争力強化に貢献する。

 自動車分野では亜鉛めっき鋼板の溶接性向上ニーズが高く、溶接時に発生するピットやブローホールと呼ばれる気孔欠陥の低減、アーク溶接時に飛散する金属粒であるスパッタ(火花)の抑制が課題だった。これまでは解決が難しく、気孔欠陥の手直しなどによる溶接能率の低下、コストアップ、作業環境悪化の要因となっていた。

 神鋼とダイヘンは溶接材料、溶接電源・機器メーカーの立場から技術を結集し、2010年度から共同開発を開始。基礎研究段階では大阪大・接合科学研究所の参画も受けながら、亜鉛めっき鋼板の溶接現象の可視化(見える化)など、徹底した解析を進めた。神鋼の溶接材料設計技術、ダイヘンの波形制御技術、シールドガスの組み合わせの最適化などによって、気孔欠陥の極小化と低スパッタの実現に成功した。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ