• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年4月23日

住友金属、3DQ量産技術が完成 超ハイテン鋼管部材、最大50%軽量化

 住友金属工業は20日、住友鋼管、住友金属プラントの3社で開発を進めてきた3次元熱間曲げ焼入れ(3DQ)の量産加工技術が完成したと発表した。3DQは複雑な形状の超ハイテン鋼管部材を高効率で製造できる画期的な技術で、部材重量を最大で50%軽量化することができる。2012年度上期中には、世界で初めて3DQで製造した部材を搭載した自動車が販売される予定。

 3DQはさまざまな形状の鋼管(丸管、角管、各種異形鋼管など)を局部的に加熱・曲げ加工し、その直後に水で急冷して焼入れを行う連続プロセスで、金型を使わずに複雑な形状の超ハイテン鋼管部材を作れることが特徴。既存工法では達成できなかった強度1470メガパスカル以上の鋼管部材を製造することが可能となる。

新製品・新技術 今回完成した量産加工技術は、曲げ加工に多軸ロボットを用いており、設備のコンパクト化と低コスト化を実現。ロボット技術については安川電機と共同で開発した。

 自動車の車体は通常、鋼板をプレスして作るが、鋼管のような断面が閉じた部材を用いると、曲げやねじりに対する剛性が上がり、軽量かつ安全な車体を低コストで製造することができる。しかし、ハイテン鋼管は加工が難しく、曲げ加工に対応できる物は、最高で強度980メガパスカル級までだった。アルミ製では閉じた断面の部材は実用化されているものの、コストが高く量産車での採用は限られている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/07/25
H2新断プレス
26400円 (―)28900円 (―)
235ドル (-0.97)257.25ドル (-1.06)

 換算レート (TTS) 112.34円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/07/25調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5600055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7400073000
鉄スクラップ
H21800014000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 691 686 689 684
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 306 303 307 304
アルミ二次地金 99% 214 209 214 209

非鉄金属市場価格へ