• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年5月29日

Jマテ.カッパー、鉛レス黄銅 Si―Bi混合材料を開発 米国規格ASTM登録

 Jマテ.カッパープロダクツ(本社=新潟県上越市)はこのほど、シリコン系にビスマスと錫を添加した独自の鉛レス黄銅材「NEXT BRASS」を開発した。快削性と耐食性に優れ、シリコン系とビスマス系が混在するスクラップも原料に使える。米国における水栓器具の鉛規制強化に対応するため、鍛造用棒材(押出用)、鋳物用地金、連続鋳造材の3種を米規格ASTMに登録した。

 本材料に関し特許などで縛りをせず、広く世界中でASTM規格において製造できるようにしている点が大きな特徴。将来的には文字通り次世代黄銅と位置付け、世界標準材としての普及を目指す。材質記号を表わすUNSナンバーは、押出用がC49355、鋳物用がC89720。

 規格登録の背景には、米国で2014年1月から、水回り製品の鉛含有量規制が一層厳しくなり、現在広く使用されている表面処理製品なども規制対象となるため。これにより米国メーカーは本年度内に新素材選択の必要に迫られ、すでに鉛の含有量規制の流れを受け、日本国内でも同じく規制強化の動きが出ている。

 「NEXT BRASS」の最大の特長は、原料として既存の鉛レス黄銅材(ビスマス系・ビスマス―錫系・シリコン系)のスクラップがすべて利用できることにある。すべての原料が使えることで、コスト面で優位性を発揮。さらに優れた被削性と耐脱亜鉛性能・耐エロージョン・コロージョン性もバランス良く維持し、カドミレスであること、熱間加工性が良いので押出品は鍛造用素材として利用可能――などといったメリットを有している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ