• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年6月14日

DNAメタルと住友金属、浸食ゼロのはんだポットを共同開発

 DNAメタル(本社=東大阪市御厨栄町、前田茂樹社長)は、住友金属工業と共同で、エロージョン(浸食)ゼロのはんだポットを開発した。母材に耐熱用オーステナイト系ステンレス鋼「NAR―AH―4」を使い、表面にパルス放電による超硬被膜を構成することで、従来のチタン製より低価格で大幅な長寿命化を実現。

新製品・新技術 鉛による環境汚染に対する関心の高まりを受け、各国で法規制の強化が進められる中、大手弱電メーカーや半導体メーカーでは、電子回路基板の製造工程で鉛フリーはんだの使用が増加している。これらはんだを貯めておくポットは、浸食対策としてチタン容器にセラミック溶射を行って使用するケースが大半だが、ぜい性被膜が破壊されると、約数時間から数十時間でポット壁部に浸食が発生する。このため、はんだポットの破壊部位からのはんだ漏れによる火災や、漏出した高温のはんだによる工場作業員のケガなどの安全面、ポット取り替えにかかるコスト面などが問題となっていた。

 開発商品は、はんだ槽、はんだポット、リフロー、フローはんだ槽および周辺部材など。住金が開発した耐熱用オーステナイト系ステンレス鋼のNAR―AH―4に、切削加工および溶接でポット形状に成型。さらにぺネトロン放電硬化装置を用いて、パルス放電でポット表面にタングステン被膜を構成することで、大幅な耐浸食性を実現した。

 同社らが行った試験では、巻線機ラインにポットを取り付け、摂氏540度の溶融はんだを24時間連続で約6カ月使用。試験後の蛍光X線による表面分析でも、鉛フリーはんだによる浸食は一切発生しなかった。

 浸食ゼロにより、溶融はんだを汚さないという利点を持つとともに、開発したポットや部材は6カ月以内ならば再生可能で、表面被膜をはく離して再度コーティングすることで、新品同様の耐久性確保も可能としている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/02
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.84ドル (1.25)237.99ドル (1.4)

 換算レート (TTS) 114.71円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/02調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ