• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年9月6日

昭和電工、温暖化ガス分解装置を開発 乾式ハイブリッドで高効率

 昭和電工は5日、温暖化ガス分解装置「HB―3000」を開発したと発表した。水処理工程が要らない乾式のハイブリッドシステムを採用しており、処理能力の増加に加えてランニングコストも削減できる。2012年中に液晶や半導体業界向けなどに販売を開始し、15年には排ガス処理装置全体で年間30億円の売り上げを目指す。

 液晶パネルや半導体のエッチング工程で使うPFC(パーフルオロカーボン)は、地球温暖化係数の高い温室効果ガス。使用した後の排出時には、分解処理する必要がある。分解方法には化学反応方式と触媒方式があるが、今回開発した製品はハイブリッドシステムを採用し、両方式の利点を融合した。

 化学反応方式は排水処理が要らず、二酸化炭素排出量が少ないのが特長。ただしPFCの分解とその時に発生するフッ素の固定を同時に行う高性能の反応剤を使うため、ランニングコストがかかる。反応剤の充填容器の容量制限で、処理できる排ガス量も毎分200リットル程度までに限られる。

 触媒方式はPFCを触媒分解し、分解生成したフッ素分を水に吸収させるシステム。ランニングコストが安く大型化による大量の排ガス処理が可能になるが、排水などの後処理が必要という。

 開発した製品は、フッ素の除去工程を安価なカルシウム系の反応剤を使い乾式化することに成功した。

 反応剤を直接装置に自動供給・排出するため、充填容器の容量制限がなくなり、毎分3500リットルという従来の大型の触媒方式と同等の排ガス処理能力を保った。後処理工程が要らないために、20フィートコンテナに収まる省設計を実現した。

 また化学反応方式と比べた反応剤にかかるランニングコストや、触媒方式と比べた水処理コストを削減できる。除害後に発生するフッ化カルシウムを、合成蛍石として再利用することもできる。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/01
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.59ドル (-3.66)236.59ドル (-4.11)

 換算レート (TTS) 115.39円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/01調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 692 687 690 685
電気亜鉛 347 341 347 341
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 192 187 192 187

非鉄金属市場価格へ