• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年9月14日

JFEスチール、酸化防止被膜鋼板を開発 ホットプレスに参入

 JFEスチールは13日、自動車の構造骨格などに使われる超ハイテン対応を目的に、ホットプレス鋼板分野に参入すると発表した。燃費・環境規制の強化を背景に自動車メーカーが軽量化への取り組みを強める中、1500MPa(メガパスカル)級の超ハイテン部品製造のホットプレス工法は、車体重量低減の「キーポイント」技術の一つで、かねて自動車メーカーや部品メーカーなどから対応を求められていた。

新製品・新技術 開発したのはホットプレス用酸化防止被膜鋼板「JAG(JFE・アドバンスド・ガード)」。表面処理方法としては亜鉛ニッケル合金めっきを施している。製造は西日本製鉄所・福山地区のEGL(電気めっきライン)。

 ニッケルを添加することで融点の高い金属間化合物となるため、ホットプレス時に課題となる表面酸化を防ぎ、高い耐食性も維持する。またホットプレス時の高温加熱保持が不要で、通電加熱などの急速加熱にも適用できる。加熱時間は一般のホットプレス用鋼板が5―6分必要とされるのに対し、2―3分に短縮でき、急速加熱では10秒程度という。このためプレス工程でのストローク数の向上につながり、高い生産性が可能になる。自動車鋼板で技術提携を結ぶ独ティッセン・クルップ・スチールへの技術供与も検討している。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/08
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
211.73ドル (0.76)237.87ドル (0.85)

 換算レート (TTS) 114.77円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/08調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5200050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 685 680 683 678
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ