• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月2日

昭和電工と大阪大学、自由に基板回路印刷 銀ナノワイヤインクを開発

 昭和電工と大阪大学の菅沼克昭教授は1日、樹脂基板などに自由に回路を印刷できる銀ナノワイヤインクを開発したと発表した。

従来の銀ナノワイヤインクは印刷によるパターン形成が困難なことに加え、コーティング後に熱処理をしなければならず、耐熱性の低い樹脂基板向けに使用しにくかった。今回、新開発した銀ナノワイヤインクに光焼成技術を組み合わせることで、高い安定性を持つ透明導電パターンをフレキシブルなフィルム上に形成することが可能になる。

 銀ナノワイヤインクは透明でシート抵抗の低い導電膜を形成できることから、タッチパネルなどの透明導電膜に使用される酸化インジウム錫(ITO)の代替として期待されている。

 今回、インクの性質に改良を加え、密着性を向上させたことで樹脂基板などにも自由に回路を印刷することが可能になった。さらに昭和電工が米国のメーカーから導入した技術を使うことで、瞬時に焼成させ、導電性を発揮させることもできるようになった。銀ナノワイヤを用いた導電膜はITOで必要とされるインジウムを使用しないため、資源制約の問題もない。

 今回、銀ナノワイヤインクに加え、銅と銀のハイブリッドインクも併せて開発した。ハイブリッドインクは銅ナノ粒子に少量の銀ナノ粒子を添加したもの。このインクを用いて印刷されたパターンを焼成すると、銀インク並みの導電性が生じる。従来の銀インクやペーストの低コスト代替品として使用することができるとしている。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/06
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
212.08ドル (0.43)238.26ドル (0.48)

 換算レート (TTS) 114.58円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/06調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 703 698 701 696
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ