• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月2日

東京製綱、小型断線検知機を開発

 東京製綱は、簡易型のワイヤロープ断線検知装置「ハンディーチェッカー」を開発し、1日から販売を開始した。主な用途はクレーン用ロープの点検向けで、従来製品と比較して機能を簡素化し、小型化とコスト低減を実現。

新製品・新技術 ハンディーチェッカーは、制御器と磁化検出器で構成されており、巻き上げたクレーン用ロープを検出器に通す形で、簡単に断線検査が可能。従来製品との比較で磁化検出器は40%、制御器は80%と大幅に軽量化されているため、検出器は手持ちの状態で使用でき、制御器もワイシャツの胸ポケットに収まるサイズで、使い勝手に優れる。

 検出器は装置入口でロープを磁化、装置中央の検出部で断面積の変化をとらえ、断線を検出する仕組み。断線はロープ外側で2本、内側で4本以上から検出でき、LED点灯とブザーで伝える。目視と手探りによる確認と比較した場合では、3倍以上の高速化を実現。ロープ表面に付着した油が目視の妨げになっていたこともあり、検出精度の向上も見込まれる。

 1台で複数のロープ径の測定が可能な点も大きな特長。装置底部の蝶ねじをスライドし、ロープを装置に通すガイド部の口径を調整する構造となっており、細径タイプで10―22・4ミリ径、太径タイプで22・4ミリ―30ミリ径が測定できる。細径タイプに関して、同じ種類のロープ径に対応した従来型のセット価格と比較した場合、約85%の大幅なコスト低減となるなど、価格メリットにつながる。メーカー希望小売価格は約40万円。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ