• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月12日

昭和タイタニウム、光触媒の量産技術を開発 暗所でも抗菌

 昭和電工グループの酸化チタンメーカー、昭和タイタニウム(富山県富山市)は11日、光が当たらない場所でもウイルスの感染力や菌の繁殖を大幅に抑えることができる、新しい光触媒材料の量産技術を確立したと発表した。今後、実際の量産化に向けて本格的な検討を始める。独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による助成事業の一環で、新たな光触媒材料は東京大学が開発した。今後、室内や医療現場などで需要拡大が期待できる。

?\r?\n 東京大学が今回新たに開発した光触媒材料は3種類。このうち、酸化チタンに銅系の化合物を組み合わせた光触媒材料は、光がない暗い場所でも1時間で99・99%のウイルスの感染力を抑えることができる。さらに可視光(紫外線をカットした白色蛍光灯)を当てたところ、ウイルス感染力を抑える力(抗ウイルス性)はさらに高まる。同様に暗所でも大腸菌や黄色ブドウ球菌などへの抗菌効果を発揮し、可視光のもとではさらに効果が高まった。

?\r?\n 東京大学は開発した光触媒材料の実証実験も実施。人の出入りが多く感染症のリスクが高い空港や病院に光触媒材料を使用した製品を設置し、約1年にわたって観察したところ、抗ウイルス性や抗菌性の高さを実証できたという。

?\r?\n 現在実用化されている光触媒製品は、紫外線に応答する光触媒を用いたものが中心。外装用の建材や浄化フィルター向けを中心に需要は拡大しているが、紫外線が少ない室内などでの利用は限られる。2001年には部分的に可視光を吸収する光触媒が開発されたが、室内で使用するには性能が不十分だった。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ