• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月17日

住友電工、抜け防止機構付き 超硬エンドミル発売

 住友電気工業は16日、抜け防止機構が付いた超硬エンドミルを12月に発売すると発表した。独ハイマー社の抜け防止機構付きホルダーに適用する、鋼加工用と難削材加工用の2種類を新たにラインアップ。高負荷がかかる加工を行う際、エンドミルが抜け落ちることによる被削材の損傷などを防ぐ。

新製品・新技術 航空・宇宙機や発電設備産業用の難削材加工、自動車・金型用大型部品などの重切削加工時には、切削工具に高い負荷がかかる。ハイマー社は、高負荷によるホルダーからのエンドミル脱落やスリップを防止する「Safe―Lockツールクランピングシステム」の技術を保有。各国で商標登録している。

?\r?\n 住友電工はこのほど、ハイマー社と同システムを採用した製品の製造販売で提携。現在製造販売している鋼加工用と難削材加工用の防振エンドミルに、同システムに適合する新シリーズをラインアップする。販売価格は、鋼加工用の代表品種で税抜き3万4500円。

 防振エンドミルは、振動を抑制することで加工能率を安定させ、加工面の品位や切りくず排出性も向上させた製品。同システムとの組み合わせにより、工具の抜けによる被削材の損傷や再加工などの無駄を削減し、加工コスト低減に寄与する。

...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2017/03/23
H2新断プレス
29400円 (―)32300円 (―)
261.38ドル (0.56)287.16ドル (0.61)

 換算レート (TTS) 112.48円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2017/03/23調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
5400055000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
7100073000
鉄スクラップ
H22050017500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 668 663 666 661
電気亜鉛 355 349 355 349
電気鉛 307 304 307 304
アルミ二次地金 99% 223 218 223 218

非鉄金属市場価格へ