• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2012年10月17日

住金システム建築、平屋専用「ティオ」小規模向け発売 コスト削減25%実現へ

 住金システム建築は、平屋専用システム建築「ティオ」で小規模向け建屋を商品化し、16日から販売を開始した。在来工法に比べて約10%のコストダウン、約30%の工期短縮が実現できる。第一弾として基礎システムをメーンに鋼材重量、加工費、輸送などの直接コストの削減した。来年春までに、第2弾として間接コストのコストダウンを進め、最終的には計25%のコスト削減を実現する考え。

 延べ床面積200―500平方メートルの小規模建屋に対して、「全国的にニーズが高い」(加藤社長)ことから開発を進めた。大型物件に比べて小規模物件は予算の合わないケースが多く、研修会などでシステム建築でのコスト削減が求める声が多かったという。

 今回開発した小規模向け「ティオ」は、倉庫、工場、事務所のほか、ドラッグストアなどの受注が見込める。スパンが8―15メートル、桁行柱ピッチ6メートル、軒高3ー4メートル、延床面積200―500平方メートル程度の小規模案件を対象としている。

 構成システムは基礎、鉄骨、屋根、外装の4システム。仮設工事は別途となる。基礎システムを中心にコスト削減に取り組み、ユニット鉄筋、特殊アンカーポスト、化粧コンクリートを採用した。

 同社の既存商品と同様、型枠パネルによるプレハブ工法で型枠工、鉄筋工を必要としない特長を持つ。鉄骨フレームは軽量H形鋼(多雪地区はロールH形鋼)を使用したノンウェルド工法で、軽量化を図っている。

新製品・新技術













...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み
80周年記念新規購読キャンペーン

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2016/12/07
H2新断プレス
24300円 (―)27300円 (―)
210.97ドル (-1.11)237.02ドル (-1.24)

 換算レート (TTS) 115.18円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2016/12/07調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
4800050000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
6700067000
鉄スクラップ
H21500013000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 698 693 696 691
電気亜鉛 352 346 352 346
電気鉛 313 310 313 310
アルミ二次地金 99% 200 195 200 195

非鉄金属市場価格へ